月別アーカイブ: 2016年12月

2016年総決算

今年はスマホのアプリで家計簿(というかお小遣い帳)を一年間しっかり記録し続けました。
去年は途中まで手帳に支出を記録していたのですが、本当に書き込むだけで、まったく合計金額などは出していなかったのです。
これでは多分まったく意味がない、ということに気づき、ガラケーからスマホに変更したこともあって家計簿アプリに記録するようになったのが去年のこと。
そして、2016年は1月から12月まできちんと一年を通して記録しました。
その結果、わたしは自分が一年間に使った総支出額というものをはっきりと数字で見ることができるようになったのですが……こんなに使っていたんだ、と愕然。
まぁ、旅行に行ったり、車検があったり、税金もろもろを払ったり、保険料払ったりでまとまった額が出て行ってますからこんなものなのでしょうけれど。
わたしの手取りの収入っていくらだったっけ、とちょっと考えてしまいました(収入は記録していないので)。
今年は無駄遣いはあまりしていないと思っていたんですけどね。
どれもこれも「必要経費!」と叫んで支払っていたような気がします。
来年は、コンビニスイーツとディスカウントショップでのお菓子のまとめ買いを控えて、無駄遣いを減らします……(焼け石に水とか言ってはいけません)。

一応、毎月の支出の予算は決めているんですけどね。
税金とか旅費とかは特別会計としているので、通常会計とは別枠なのです。
などと言い訳をしていると、国家予算も個人予算も規模が違うだけで似たようなものですね。

仕事納め

今日は2016年の仕事納めでした。
この一年、仕事に関しては変化があったり、元に戻ったりと波は多少ありましたが、現状維持といったところです。
もう少し仕事に対する意識を変えた方が良いかもしれませんが。
いまの仕事はそれなりに気に入っているので、できればこのまま続けて行きたいものです。自分の希望だけではどうにもならない部分も多々ありますが、残業がそれほど多い仕事ではないのと、有休消化は必須な会社なので、働く環境としては良い方ではないでしょうか。
年末年始で四日間休みがありますし、年末年始休みなどない業種もいまでは珍しくないこのご時世(学生時代は正月二日からバイトをしていました)、四日間でも連休があるだけありがたいと考えることにします。
積読本を消化するには足りませんけど。

年末だからといって慌てて掃除をするのは良くない(そんなにまとまって掃除をする時間もない)と思い、先日から自室は少しずつ掃除をしていました。――普段、していないので。
年内にカーテンも洗って……という野望は頓挫したので、来年に持ち越しとなりましたし、クローゼットの断捨離も年明けに頑張るとして――。
2016年中にできなかったことは多々ありますが、とりあえず明日は家中の掃除をすることになりそうです。

映画「ファンタジックビーストと魔法使いの旅」

映画「ファンタジックビーストと魔法使いの旅」を観てきました。
「ハリー・ポッター」シリーズの新シリーズということで、J.K.ローリングが原作ではあるものの、小説が発表されているものではない作品ですが、なかなか評判が良いようなので以前から気になっていた映画です。
今回の舞台は英国ではなく米国ニューヨーク。
そして、主人公はホグワーツ出身の英国人ニュート・スキャマンダー。
予想以上に面白く、最後まで楽しめる作品でした。
この映画は3D吹き替え上映もあるのですが、今回は字幕を鑑賞。
多分、この映画を3Dで観ていたら、最後には頭がくらくらしていたことでしょう。
続きを読む

年賀状

ようやく年賀状の作成にとりかかりました。
といっても毎年恒例のパソコンによる年賀状印刷を十数枚するだけなので、一時間半ていどで済みます。そのうちの一時間は、裏面のデザインを「あーでもない、こーでもない」と悩んでいるだけだったりします。
今回は、送る相手によってデザインを変えようか、いつもは可愛い感じにしているので、ちょっと大人っぽくシックなものにしてみようかとあれこれ考えてみたものの、結局は例年と変わらない可愛い感じになってしまいました。
今年は伊藤若沖展で鶏の絵をたくさん見たので、あんな感じの鶏の絵にしてみるのもいいかも、と考えたのですが、渋すぎるので五分で却下しました。
プリンターのインクを交換したりしながら家族分の年賀状を作成したので、結局半日仕事となりました。
出来上がったら早速24時間営業の中央郵便局へ投函に行き、ポストに入れたところで「よし、今年の大仕事がひとつ完了!」という気分になりました。
どうも年末は、年賀状を出すまでは落ち着かないものです。