月別アーカイブ: 2015年6月

地湧金蓮

地湧金蓮

バショウ科ムセラ属の花とのこと。
南国風な葉をしていますが、中国原産だそうです。
金とついているので、なんだか縁起が良さそうな気がします。

お財布事情

2015年に入ってから、ふと給与が振り込まれている通帳を見ると、残高が増えていないことに気付きました。
いくら微々たる給料とはいえ、全部使わなければ残高は少しずつでも増えるはず。
つまりはほぼ全額使ってしまっているということ。
――なにに?
ということで、自分の支出を見直すことにしました。
浪費しているつもりはないけれど、給料全額使い込んで自転車操業で暮らしていくのはさすがに不味い年頃です。

まずは、家計簿をつけることにしました。
家計簿といっても、支出と収入をExcelに入力して合計金額を算出するだけ。
あとは無駄遣いを控える意識をすること。
必要経費で出費が増えることはあります。税金とか、保険とか、ガソリン代とか、スマホ代とか。そういう支出はもちろん払います。
わたしの無駄遣いの第一位が、本代。
とにかく積読本になっている本が多いのです。軽く数え始めてみたところ、出るわ出るわで、30冊くらいで数えるのを止めました。
すぐに読みたい本は買うけれど、すぐには読まない本は買うのを控えることにしました。
第二位がお菓子。
百貨店での物産展だのうまいもの市だのに行って、毎回4000~5000円くらい使い込むのを自粛。
ディスカウントショップでも、安いからといって余分に買うのも止めました。
第三位が衣類ですが…最近はあまり服を買わなくなったのと、毎シーズンごとに妹から「これあげる」とお下がりが来るので、こちらも問題なくクリア。
そんなことを数ヶ月続けていたら、必要経費以外の支出(お小遣い分)が案外少なくて済むことが判明。
インドアですし、あまりお金のかかる趣味はありませんし(一番お金がかかっていたのが本代)、多分これを続けていれば支出は抑えられるはず。

そして、貯めたお金で夏のバカンスで散財します。
お金は使うために稼ぐ!がわたしのモットーです。
これは無駄遣いではありません! 遊興費は必要経費です!(キッパリ)

ブルーベリーの実

ブルーベリーの実

ブルーベリーの実が成りました。
咲いた花の1/3ていどしか実りませんでしたが、うっすらと色づき始めています。
あとどれくらいで食べ頃になるのかは不明ですが、収穫を前にして庭に生息している虫たちに先取りされないよう、しばらく注意が必要だと思われます。

「村岡花子エッセイ集 腹心の友たちへ」村岡花子/著

村岡花子エッセイ集 腹心の友たちへ

村岡花子さんのエッセイを集めたもの。
戦中、戦後に書かれたものが収録されています。
女学校時代の話もありましたが、東洋英和女学校を卒業しても日本の教員免許は取得できなかったとか、そのために山梨の系列の学校で教員をしていた話などもあり、興味深かったです。
当時は日本の教育機関としては認められていなかったということですが、それでも当時の日本の女学校の中では英語教育のレベルは高かったと思われます。
ドラマ「花子とアン」では、「赤毛のアン」を出版するまでの物語という流れでしたが、その後、夫を亡くした後にどのようなことを考えて生きていたか、や、孫との関わりなども書いてある一文があり、本人の文章に勝るものはないと感じました。
「ラジオのおばさん」として名が知られるようになり、ときには声帯模写で物まねをされたりすることの気恥ずかしさや、講演会で全国各地を飛び回っている多忙な日々。
その中でも、村岡さんが徳島に講演に来たことがあるというのも、ちょっと驚きでした。
本当に招かれれば日本各地を回っていたんですね。
雑誌などに掲載されるエッセイということもあり、戦中であっても日常のあたりさわりのない内容になったりしていますが、そういうところも含めて、著者の姿勢のようなものが感じられました。