カテゴリー別アーカイブ: 作家名《ら》行

「リュパン、最後の恋」モーリス・ルブラン/著

リュパン、最後の恋 (創元推理文庫)
創元推理文庫版の「リュパン、最後の恋」をようやく読了。
早川版にはなかった、ルブランの孫による序文が入っていたり、またところどころ時代背景に関する説明が入っていたりしたので、読みやすくなっていました。
また、リュパンが用意した罠に関する詳細な図も入っていたので、こちらも早川版ではちょっとイメージしづらかったところがわかりやすく解説されていました。
創元推理文庫版は常に「リュパン」表記なので、日本語訳は主に「ルパン」で通っているのですが、「リュパン」で固定されています。
続きを読む